So-net無料ブログ作成
検索選択

ひたちなか海浜鉄道の旅その4(那珂湊とおまけ@大洗) [関東地方の旅行記]

前回の続きです。
ひたちなか海浜鉄道降りつぶしの旅、残るは那珂湊駅のみ。
早速実行に移します。
阿字ヶ浦から勝田行きに乗車して那珂湊到着です。

ここ那珂湊はひたちなか海浜鉄道湊線の運転の中枢となる駅で
列車は終日ここで交換、車庫もあり夜間滞泊もあり、
更に言うと本社も那珂湊駅構内にあります。

茨城 069.jpg
↑駅名標と↓駅舎。
茨城 072.jpg

茨城 071.jpg
↑構内踏切。湊線唯一の交換可能駅です。

また車庫があるということで様々な車両が留置されています。
茨城 068.jpg
↑こんなのから・・・

茨城 074.jpg
↑国鉄時代を思わせるこんな車両まで。

非常に雰囲気のいい駅でのんびりしたかったんですが、
この後別の目的があったので早々に引き上げることになりました。
それは那珂湊駅からバスに乗りアクアワールド大洗まで行くことです。
ではしばし水族館の様子をどうぞ。
茨城 084.jpg
↑アクアワールド茨城県大洗水族館というのが正式名称です。

茨城 077.jpg
↑暗がりにいる・・・

茨城 078.jpg
↑マンボウ!

茨城 079.jpg
↑でっかい。

茨城 081.jpg
↑マンボウは展示されてもいました。

茨城 083.jpg
ペンギンくんたち。

他にもイルカのショーがあったりしてなかなか楽しめます。
大洗は鉄道でも近いですし高速道路も通っているので
今では手軽な観光地となりましたね。
さて更に観光ということで続いては大洗マリンタワーです。
茨城 089.jpg
↑外観はこんな感じ。
海沿いということで景色もなかなか良く開放感があります。

茨城 086.jpg
↑真下にはフェリーの施設が。ここ大洗からは苫小牧行きのフェリーなどが発着します。
ここまで来て更に欲張って次は温泉へ。ということで延々歩いて
潮騒の湯という施設へ↓
茨城 090.jpg
なかなか趣向を凝らした露天風呂があったりしてよくできていました。
入湯料が少し高い気もしますが・・・

温泉も満喫し、またまた延々と歩いて大洗駅へ。
茨城 091.jpg
↑駅舎と↓駅名標。高架駅です。
茨城 092.jpg

ということでこの後帰京しました。最後は駆け足になりましたが
海と湊線を満喫した日帰りの旅となりました。
次回からはわたらせ渓谷鉄道の旅をお送りします。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 4

da-kura

おぉ!

旧国鉄のキハ22かな・・・???
by da-kura (2009-05-10 23:54) 

ひたちなか海浜鉄道

お楽しみいただけたでしょうか。
那珂湊は、まだまだ魅力がいっぱい。
再度のお越しをお待ちしています。
(那珂湊から大洗駅まで、結構距離があったと思いますが)
(吉田)
by ひたちなか海浜鉄道 (2009-05-11 19:42) 

itotatu

da-kuraさんnice&コメントありがとうございます。
仰るとおり旧国鉄キハ22の類似車両です。
旧茨城交通の時に多くの旧国鉄型車両を集めたようで
今となっては動く列車博物館といった趣ですね。
by itotatu (2009-05-11 22:41) 

itotatu

ひたちなか海浜鉄道吉田社長様
コメントいただきましてありがとうございます。恐縮しております。
今回は降りることメインで駅周辺を訪れていないので
非常にいいところにも関わらず慌しい行程でした。
次回訪れる時は阿字ヶ浦の温泉にも入りたいですし
那珂湊の街を散策もしたいので
一日かけてゆっくり訪れたいと思います。

湊線が再生し、注目を浴びているのは昨今多くのローカル線が
廃止されている中で非常に素晴らしいことだと思います。
これからもお忙しいと思いますが地域の方々の為、
遠方から来る人々の為にサービスの向上と安全運転を
何卒よろしくお願い申し上げます。

ちなみに那珂湊→アクアワールド大洗→大洗マリンタワーは
バスを利用いたしました。
by itotatu (2009-05-11 22:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。