So-net無料ブログ作成
検索選択

08年4月北陸乗りつぶしその1(北陸鉄道編) [中部地方の旅行記]

ただいまゴールデンウィーク休暇で山陽・四国北部の乗りつぶしの旅に
出ています。現在松山市内のホテル。朝食つき5000円台にもかかわらず
部屋にTVと兼用のパソコンつき。優秀です。
それはともかく次の旅に出てしまったので早めに前の旅も振り返らなければ。
ということで4月の旅編です。

4月4日、仕事を早く片付けて(というか休日出勤)上野駅へ。
北陸方面では定番の能登に乗車します。
能登も何回目になりますかね。北陸方面へは一度高速バスを使った
以外では毎回利用しているので6~7回目でしょうか。

2008nagarahokuriku 065.jpg
↑ここ最近は旧国鉄色が定番のようですね。
金曜日の夜だったので仕事帰りのサラリーマンが多く、高崎までの
乗車も結構ありましたが、高崎で4人分確保して爆睡。
泊まで記憶がないのだから良く寝れた方ですか。

今回は北陸地方で全く乗っていない北陸鉄道と
未乗区間が残っているえちぜん鉄道と福井鉄道をつぶしに来ました。
ということでひとまずは金沢へ。
2008nagarahokuriku 066.jpg
↑相変わらず時間に関わらず高架で暗い金沢駅駅名標。
西口に出て地下に降りると北陸鉄道の北鉄金沢駅があります。
北陸鉄道は石川線と浅野川線の2つの路線がありますが
まずは浅野川線から乗車します。

2008nagarahokuriku 067.jpg
↑地下にある北鉄金沢駅入口。

2008nagarahokuriku 068.jpg
↑車両は京王井の頭線のお古です。懐かしい・・・
2008nagarahokuriku 069.jpg
↑北鉄金沢駅駅名標。

浅野川線は沿線の通勤通学輸送に特化している感じで
駅間距離が短く、こまめに停車します。
6.8kmに12駅ですから平均駅間距離は600mあまりですか。
ひとまず終点内灘駅へ。

2008nagarahokuriku 070.jpg
↑終点内灘駅駅名標。ここは海に近いのですが、バスの接続もあり
通勤通学のターミナルといった感じ。↓駅舎。
2008nagarahokuriku 071.jpg

さて先述したとおり駅間距離が短いので単純に折り返さず隣の粟ヶ崎駅まで
歩いてみます。線路に平行して道路があるので楽勝です。
粟ヶ崎はホームだけの無人駅です。↓駅名標。
2008nagarahokuriku 073.jpg

折り返しの電車で北鉄金沢へ戻って浅野川線は終了。
続いてJR金沢駅に戻り北陸線で一駅、西金沢へ移動します。

2008nagarahokuriku 074.jpg
↑西金沢駅駅名標と↓駅舎。
2008nagarahokuriku 075.jpg

そしてJRの駅の前方に細々とした線路が。そして左手には・・・
2008nagarahokuriku 076.jpg
↑北陸鉄道石川線の新西金沢駅があります。
石川線の起点は2駅隣の野町駅ですが、他の鉄道と接続していないため
アプローチは新西金沢からになりました。野町へは後で行きます。
2008nagarahokuriku 083.jpg
↑新西金沢駅駅名標。
まずは下り電車で加賀一の宮を目指しますがものすごい乗客が。
しかしほとんど学生で野々市工大前駅で下車していきました。
その後はローカル線らしい乗車率で終点に到着です。

2008nagarahokuriku 077.jpg
↑加賀一の宮駅駅名標。

2008nagarahokuriku 078.jpg
↑石川線の主力は元東急の車両ですが、乗ってきたのはまたしても
井の頭線のお古でした。レインボー。

2008nagarahokuriku 080.jpg
↑そして風格ある加賀一の宮駅駅舎。
近くには加賀国一宮の白山比咩神社があり、
雰囲気を合わせています。

2008nagarahokuriku 081.jpg
↑駅舎内からホーム方面をのぞむ。無人化されて久しいですが
堂々とした構えです。

さて折り返しの電車で起点の野町へ向かいます。
ここは繁華街からも少し外れていてターミナル駅としてはやや厳しい立地です。
2008nagarahokuriku 084.jpg
↑野町駅駅名標と↓駅舎。
2008nagarahokuriku 085.jpg
↑ご覧のとおり比較的大きな駅舎があり、JR金沢駅方面へのバスが
列車の到着に合わせて走っているもののJR利用なら西金沢乗換の方が
便利です。市内中心部からなら互角でしょうが。
なぜこんな中途半端な立地になっているかというと昔は
ここから路面電車が接続していたらしいですね。
しかし廃止になってしまったため鉄道駅が中途半端に残ったということです。

北陸鉄道は一時期100kmを超える路線網を誇っていましたが
モータリゼーションの発達とともに相次いで路線を廃止し、
残った石川線と浅野川線にはそれなりの投資をして路線を維持しています。
グループとしてはバスも運行していますが、これからも鉄道維持のため
努力していってほしいものです。

さて今回はこの辺で。次回はえち鉄編です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。