So-net無料ブログ作成

記憶に残る馬物語8(サンエムキング編) [競馬]

せっかくなんで競馬ネタを書く気力があるうちにどんどん書くことにします。
そのうちパタッと止まってしまうと書けるものも書けなくなってしまいますので。

さて、今回はサンエムキング編です。おそらく最近(ここ5年くらい)競馬に興味を持った方は
よほどのことがない限り知らないと思いますけど。この馬は今年地方競馬の登録を抹消され
種牡馬入りとなりました。ということここで問題。さてこの馬は現在何歳でしょう?

父ナグルスキーは砂の女王としてドバイに散ったホクトベガと同じ。
生涯走り抜いての収得賞金は3億を超えるのだから立派なものです。
もともと中央の馬だったのですがブリンカー&シャドーロールの姿で
ダートの短距離~中距離を先行して粘りこむというスタイルで走っていました。
そのタフさにはもともと一目置いてはいたんですが、引退となって改めて驚かされることに。

さて問題の答えです。サンエムキングの生年月日は1992年3月20日。
ということで現在14歳が正解です。ちなみにサラブレッドの1歳は人間で言うと
4歳分くらいにあたると言われているのでこの馬は人間に換算すると
50歳過ぎるまで現役を続けてきたことになります。

そしてすごいのが競争成績。中央で79戦して8-9-8-54。
地方では78戦して11-15-14-38。ということであわせて
157戦して19-24-22-92というものすごい成績なのです。
昨今の競馬はスピード競馬全盛で瞬発力第一主義と思われる節があります。
実際高速馬場&スローペース症候群で切れ味がなければ大レースは勝てません。
しかしその瞬発力は時として故障を発症し、競走馬生命を経たれることもあります。
有名なところではダンスインザダーク、タニノギムレット、クロフネなど。
しかしサンエムキングは切れ味のない代わりに粘り強さで頑張ってきた
素晴らしい個性を持った馬なのです。

この馬は中央時代から本当に多くのレースに出走していました。
デビューが3歳(現表記2歳)の11月ですが、3歳中2ヶ月だけで5戦。
その後も毎月のように使われ続け、連闘、中1週も頻繁にありました。
5歳(現表記4歳)時にオープンに昇級し、ダートの重賞戦線に顔を出すようになります。
そして5歳秋にはオープン特別の師走Sを勝利。
翌年6歳になるとGⅢ平安S10着の後連闘で望んだGⅢガーネットSで
中団から追い上げ、2着とハナ差の惜しい3着。次走オープン特別のすばるSも3着。
仁川S13着を挟み中1週で迎えたGⅢマーチSでまたまた3着。
そして次のオープン特別陽春Sでは2着。とダート重賞戦線の常連となります。
また6歳秋には師走Sを連覇、7歳春にはやはりオープン特別の竹秋Sを勝っています。
この5歳秋から7歳春が全盛期ですね。レースぶりは基本的に逃げ、もしくは好位につけ、
直線いっぱいに粘りこむというパターンでした。ただし自分がレース映像を生で見た
ガーネットSは珍しく差しだったんですが。

さて全盛期を過ぎたサンエムキング、徐々に成績も悪くなり、陣営は一度障害入りを
決断しますが2戦でご破算に。そしてついに2000年に群馬競馬へ移籍となりました。
中央では頭打ちでもその先行力は地方では上位。更に地方の小回りコースも味方します。
2000年に移籍してから2005年まで北関東で走るわけですが、高崎、足利、宇都宮の
特別レースによく出走し、比較的安定し上位に入っていました。
とにかくそのタフさには恐れ入ります。
しかしそんなサンエムキングにもう一度転機が訪れます。それは所属する群馬競馬の廃止。
2005年に久しぶりに中央根岸Sに出走(13歳で。残念ながらシンガリ。)を最後に
今度は岩手競馬へ移籍となりました。岩手移籍初戦は勝利したものの、
その能力の衰えはいかんともしがたく今年ついに引退したわけです。

この馬が出る少し前、中央にミスタートウジンというやはり高齢で現役を続ける馬がいました。
この馬も15歳まで現役を続けたんですが、途中長期の休養もあったりしたので
通算で98戦。サンエムキングには遠く及びません。もちろんものすごい馬なんですが。

サラブレッドの世界はいうまでもなく実力主義の世界です。特に牡馬の場合、
強い馬は種牡馬として血統を子孫に残せますが、弱い馬は乗馬、あるいは
いつの間にやら所在不明となることも珍しくありません。
そんな中一線級とは差があったものの、無事是名馬を体現して
見事に種牡馬となったサンエムキング。おそらく産駒は少しで
中央で走ることはまずないと思いますが、彼は自分の最大の武器であるタフさを生かして、
今もこうして生き続けていられるわけです。
これからも1日でも長く悠々自適の余生を送ってほしいものです。

ということで今回はこの辺で。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

関口

何とか種牡馬になれましたか
嬉しい記事を有り難うございます
by 関口 (2016-04-08 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。